めでたく、リア攻めネタが尽きましたので、本日からまた、アーカイブネタです。

まずは、当ブログでは、初の紹介になります長野県の城跡です。

城跡と呼ぶにはふさわしくないように思える、云わずと知れた松本城。

1

6

私が、このブログで、天守のある城を紹介するのは初めてだったと思います。


7

石垣と水堀。


24

枡形門。


40

二の丸の平面表示。御殿やらいろいろ。

江戸時代のお城は、殿様は、平常、二の丸や、本丸に御殿を置き、ここで生活をしていました。また、二の丸などには、政庁も置かれ、藩の政は、こちらで行われていました。

62

月見櫓、大天守、小天守。

美しいですね。

個人的に、天守のあるいわゆる、一般的に想起される近世城郭は、あんまり興味がないのですが、松本城は別格ですね。


22

幅広の水堀。ちゃんと、鉄砲の有効射程も想定に入っているのでしょう。


109

この時は、この赤い橋は、渡れませんでした。

松本城は、現在、大河ドラマにも出てくる石川数正が、築いた城です。

なぜ、石川が、この城を造ったのかは、ネタバレになりますので、割愛します。