オンタイムネタが、尽き果てたために、数年前に訪れた城跡ばかり更新しております。

また、私は、7~8年、この趣味に没頭していますが、縄張り図も書けませんし、城の歴史なども詳しくはありません(笑)ただ、「堀、深~~~~い!」「土塁、高~~~い」というレベルですので、ご容赦ください。

では、本日も、アーカイブネタです。

5


保々西城跡は、三岐鉄道三岐線の北勢中央公園駅から、徒歩40分くらいかかると思います。もっとかな。

私は、えっちらおっちら歩いていきました(笑)

1

山林を通り過ぎると、目の前に、突然、この田園風景が広がります。美しいですね。


10

城跡への入り口。


13

案内板。


14

城跡石碑。


16

土塁なんでしょうか?

この城跡は、全体的にやや、荒れ果てた印象で、遺構は判然としない部分もあります。

21

こんな感じ。最初間違えて、土塁のような土盛りの上を歩いて行ってしまい、行き止まり、又引き返してきました。


23

正しくはこちらを進みます。堀底みちっぽい。


24

やっぱり、堀底道ですよね?

25

石碑があります。

矢印に従っていきます。

26

通路以外は、かなりなヤブです。足を踏み入れて確認できていませんので、何かあったかもしれませんが、わかりません。


34

明瞭な土橋があります。これは、はっきりと土橋であることが分かります。


35

深ーい空堀。


36

反対側。ヤブが濃くて、写真だと、さっぱりわかりませんけど、かなり深いです。


30

主郭への虎口。

59

土塁で区切られた、家臣団の居住区域と考えられている場所。

主郭の内部は、凄いヤブで、何回もつまずいた記憶があります。

私の見る目がないのか、保々西城跡は、期待した割に、やや物足りなかった記憶があります。

それでも、主郭虎口の土橋と空堀は、一見の価値があると思います。

65

車だと、駐車場から野球場のバックスクリーン側に回り込んだところに入り口があります。

冬場の訪問をお勧めします。