マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

2017年09月

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

朝から家系

先日、茨城県に遠征してきました。

千葉駅で、レンタカーを借りる場合、高確率で行きます杉田家さんです。


IMG_2324

チャーシュー麺です。

IMG_2325

まずはスープを一口・・・。ちょっといつもより、しょっぱいぞ。

IMG_2326

食べ進むうち、青ニンニクを足し、お酢を一たらしし、味を変えながら、食べ進めます。

杉田家さんは、家系総本山の吉村家の直系になります。

美味しかったのですが、スープがいつもよりしょっぱく感じたのが、気になりました。

千葉県流山市 前ヶ崎城跡2

CIMG0446

流山市前ヶ崎城址は、公園として整備されています。

こちらは、JR北小金駅から徒歩30分とやや、駅からは遠い。

運転免許センターが近くなので、バスの便もあります。柏駅から出ていたと記憶しています。


CIMG0422

私は、駅から歩いてきたと記憶しています。我ながら覚えていないのが、情けないです(笑)
ここは、堀切の跡でしょうか。

CIMG0427

虎口跡。この土塁、なかなか高くて見応えがあります。


CIMG0430

郭内部の様子。こちらが主郭になるのでしょう。


CIMG0441

公園の本来の入り口。この土塁も、なかなかに立派。


CIMG0449

こんなところあったっけ? 腰郭、あるいは堀の跡でしょうか。

公園周囲を、さまよってみました。


CIMG0457

ここも堀切の跡なんじゃないかと思ったんですけど、どうなんでしょうか。

開発の余波をまともにくらい、往時の姿を偲ぶ遺構はわずかですが、それなりに見応えはあります。

残されただけでも良しとしましょう。

千葉県松戸市 根木内城跡2

CIMG0382

根木内城跡は、JR北小金駅から徒歩15分。国道6号線の交差点の近くにあります。

地元なのに、千葉県のお城は、久しぶりの投稿です(笑)

CIMG0386

公園に向かっていくと、いきなり、土橋、虎口、土塁、空堀の四点セットです。

CIMG0384

深い空堀。

CIMG0387

こちらも空堀ですが、ヤブなうえに、開発のために途中から失われてしまっています。


CIMG0392

虎口の土塁。立派なものです。

CIMG0394

郭内部の様子。きれいに整備されています。

CIMG0412

こちらも空堀跡。


CIMG0399

通路が整備されていますが、明確な堀跡です。

しかし、とても残念ことに、この城跡、ほんの一部分しか残っていないんです。

土塁や空堀の規模からみても、かなり広大な複数の郭を擁する城郭だったことは、容易に推察されるのですが。残念です。


IMG_0511

御覧のように、残されているのは、水色で囲まれた部分のみ、あとは湮滅してしまった、ということです。

惜しまれますが、公園として残された部分だけでも、見応えあります。

近くには、小金城跡も公園整備されてありますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

静岡県菊川市 堀田城跡3

IMG_2075

堀田城跡は、JR菊川駅から徒歩15分くらい。正法寺の墓地脇から登城道がついています。

CIMG3805

このような、標柱があります。見て分かる通り、草がだいぶ伸びています。


CIMG3807

登っていく途中は、こんな感じ。この草の中に、木の階段が埋もれています。かえって危ない。
(というか、夏場に山城に行かなければいいだけの話)


CIMG3808

登りつめたところに、お堂があります。


CIMG3809

堀切があります。ここからよじ登って、尾根上を進んだほうが、山城を堪能できるそうなのですが、下の通路を行きました。

CIMG3810

こんな感じの道です。細く、落ち葉で滑りそう。気を付けていきましょう。

CIMG3813

ほどなく、主郭です。

CIMG3814

さほど広い郭ではありません。

CIMG3817

堀切です。

CIMG3829

堀切です。

改めて見返してみると、使えそうな写真がほとんどありませんでした。

この日はとても暑かったので、根気もなくなってしまい、あまり丁寧に見ていません。

帰りは、茶畑の間の道を行ったのですが、さんざんに迷ってしまい、大変な思いをしました。

この城跡は、しかるべき時期に再訪したい城跡です。

静岡県磐田市 社山城跡3

IMG_2051

JR新所原駅から、天浜線に乗り換え、敷地駅を目指しました。

やや、出遅れてしまい、途中、余裕があったら、二俣城や、鳥羽城などにも寄りたかったんですが、天浜線は、一度降りてしまうと、次は一時間後になってしまう。断念しました。

IMG_2055

社山城跡は、天浜線の敷地駅から、登山口まで徒歩20分くらい。さらに、主郭まで、15~20分くらい
登ります。

この日は、40℃近い気温の暑い日で、何もこんな日に好き好んで、山城に登らなくてもいいと思うんですけど(笑)

CIMG3751


CIMG3746

登城口はいくつかあるようです。

私が取った登山道は、駅からは一番近かったものの、草に覆われ、荒れ果てていました。

CIMG3747

登りきったところが、いきなり巨大な堀切です。

CIMG3748

主郭と二郭の間の堀切です。


CIMG3761

主郭内部。

CIMG3762

主郭には、神社がありました。

CIMG3752

案内板の縄張り図。

まずは東側の二の郭へ行きます。

CIMG3766

たぶん二郭。標柱が建っていたはずなんですけど・・・。


CIMG3768

浅い堀切がありました。


CIMG3771

浅いですね。竪堀が続いているようです。

三の郭の先にも遺構があるようなんですが、暑さと、足元が定かじゃない下草のために断念しました。
CIMG3775

今度は、本丸下を囲む横堀へ、やってきました。


CIMG3780

帯郭の標柱がありますが、横堀じゃないでしょうか。


CIMG3782

横堀としておきます。


CIMG3781

こちらは竪堀。はっきりとわかります。

CIMG3792

四郭へ向かう途中の堀切と土橋。土橋がはっきり残っています。


CIMG3793

堀切が竪堀になり、おちています。


CIMG3794

四郭の切岸と、横堀。


CIMG3795

横堀。この辺は、ほとんど未整備のようで、草が伸びています。

この横堀は、土橋を渡った先の通路、左手側の土手をよじ登った少し上にありました。

CIMG3803

そのまま、比較的歩きやすい道を歩いていくと、ここに降りてきました。

こちらからのほうが、歩きやすい道でしたが、駅からは遠くなってしまいます。

社山城跡、しっかりと見るならば、やはり冬のほうがおすすめです。

メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ