マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

2017年07月

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

静岡県掛川市 掛川城跡 日本100名城2

CIMG2811

掛川城跡は、JR掛川駅から徒歩10分程でしょうか。

私は、2度目の訪問です。

CIMG2776

三日月堀跡。

CIMG2781

そろばん堀跡。

CIMG2784

現存二の丸御殿。私は、2度目だし、時間も遅かったので、今回は入りませんでした。

ここのガイドさんが、お城に詳しくて、諏訪原城跡を教えてもらったんですよね。

CIMG2788

復元天守。たしか、木造だったと記憶しています。

何しろ、高所恐怖症なもんで、こういう建物は、好きじゃないんで、適当ですいません。


CIMG2814

番所。


CIMG2815

大手門。

掛川古城跡が、すぐ近くにあるのですが、今回も行きそびれました。

静岡県掛川市 横須賀城跡3

CIMG2660

横須賀城跡です。

横須賀城跡は、JR袋井駅からバスで、七軒町下車。

一時間に一本しかありませんので、注意してください。

バス停から、住宅街のほうに入り、少し前方に進むとすぐ、左手に城址公園が見えてきます。

すでにバス停のあたり一帯も城域内になります。

CIMG2665

公園内は、とてもよく整備されています。

横須賀城跡は、国指定史跡に指定されており、また、今年の城の日(4月6日)に発表された、続日本100名城にも選定されました。

CIMG2671

横須賀城跡最大の見どころは、この丸石を用いた石垣です。

CIMG2672

よく整備されています。

CIMG2676

この日もですが、定期的に草刈が入っているようです。

CIMG2678

とてもいい雰囲気です。

この城は、戦国時代、徳川家康が、高天神城の武田勢に備えて築かせた城のようです。

その後、江戸時代は、横須賀藩の藩庁として、藩主はめまぐるしく移り変わり、最終的に西尾氏3万5千石で、明治維新を迎えます。

CIMG2682

見応えありますね。きれいに整備されていますし。素晴らしい城址公園です。

CIMG2695

本丸跡にある復元模型。

CIMG2697

天守台跡。

CIMG2701

CIMG2702

城跡碑は、旧西尾藩主の揮毫ですね。
CIMG2709

切り立った城塁。ここもきれいに草が刈られています。素晴らしいですね。


CIMG2718

巨大な広場に来ました。


CIMG2729

何のための空間?建物が立ち並んでいたのでしょうか。


CIMG2719

説明がありました。ちなみに、この城跡は国指定史跡だけあって、こういう案内はしっかりあります。


CIMG2724

松尾山です。特に何もありませんでしたが、戦国時代は、見張り台?だったのでしょうか。


CIMG2735

左手が本丸。ここ、ほりたくなりますよね。堀切兼虎口みたいな。

埋めてるけど、もっと掘り下げていたのかもしれないし。


CIMG2746


CIMG2749

水堀跡。三日月堀のように見えました。

徳川家康は、じつは、武田信玄をとても尊敬していたようで、自分の城にも、盛んに丸馬出を取り入れてたようですから、三日月堀をマネしていてもおかしくないように思います。

横須賀城跡、かなり見応えがあり、素晴らしい城跡でした。

愛知県岡崎市 岡崎城跡 日本100名城4

CIMG2650

岡崎城跡です。

岡崎城は、現在、岡崎公園として、整備されています。

名鉄の東岡崎駅から徒歩15分ほどで行くことができます。また、岡崎公園前という駅もあります。こちらからのほうが近いかも。


CIMG2611

水堀と石垣。この日は、堀を掃除しているようで、そのためか、水が少なくなっていたように思います。


CIMG2615

空堀。

CIMG2619

規模が大きくて、見応えのある空堀です。

CIMG2624

ちゃんと、折れもかけられています。

CIMG2626

本多忠勝公の像。子孫は、岡崎藩主で、明治維新を迎えています。

CIMG2654

再び、水堀です。

CIMG2656

IMG_1479

IMG_1497

石垣も堪能しました。

愛知県名古屋市 名古屋城跡 日本100名城3

CIMG2599

いわずとしれた、名古屋城。御三家尾張徳川家の居城ですね。


CIMG2579


CIMG2582

石垣が修理中ですが、膨大な時間と費用が掛かるようですね。この日、どこで見たことがある人とすれ違ったのですが、名古屋市長。職員の方を一人連れただけでしたので、全く周囲は気づいてないみたいでした。

CIMG2568

西南隅櫓・・・でしたっけ?

CIMG2573

石垣。

CIMG2583

枡形。

CIMG2584

清正石


IMG_1442

加藤清正公の像。

普請に駆り出された、福島正則が、清正に、

「跡継ぎでもない、せがれの城を、何で、我々が手伝わなねならない?」

こぼしたところ、清正は、

「不満なら国許に帰り、謀反の準備をしたらよい」

とたしなめたというのは、有名な逸話ですね。

このお手伝いの費用は全部、持ち出しですから、各大名の財政は窮乏した、と言われています。

清正公は、最も困難な石垣工事を、率先して請け負った、とされています。


CIMG2593

空堀。昔は、鹿が住んでいたような記憶が・・・。


CIMG2606


IMG_1432


IMG_1452

壮大な堀の数々。

そうまでして、忠誠を示しても、加藤清正(息子忠広の代)も、福島正則も、改易されてしまうんですから、幕府も非情ですね。

IMG_1443

本丸御殿。この日はすごく混んでいたので、見学していません。


IMG_1434

名古屋場所が開催中でした。

名古屋城へは、市営地下鉄市役所前駅からが便利です。

和食レストラン とんでん3

ひさ~~~~しぶりに、とんでんに行ってきました。

私の地元には、たくさん店舗がありますので、昔はよく行ってたんですが、何十年ぶりの入店です。


CIMG2880

お得なランチメニューから選んだ一品。うどん天ぷら、寿司が、一度に味わえる。


CIMG2881

とんでんといえば、生イワシ。三種寿司ですが、これはちょっとお高めかな。

普通においしかったですよ。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ