マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

2017年03月

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

房総の海の幸

私は、千葉に生まれ千葉に育ちましたので、子供のころから、海の幸には、恵まれた環境にありました。

子供のころは、漁師になりたいと思っていたくらい、魚好きで、釣り好きでした。

いまでも、肉よりも、魚のほうが好きです。

137
 
千葉県の県魚というと、金目鯛なんですが、ご存知でしょうか?

銚子市の釣り金目は、高級ブランドと言われます。

銚子市場のすぐ近く、「久六」さんの金目鯛尽くし御膳。

これ食べたの、6年前なので 、今も食べれるかわかりません。

39
 
金目鯛の刺身は絶品でした。 

136
 
金目鯛の漬け。

138
 
金目鯛サラダ。

112

また、内房方面のアジも有名ですね。 

111
 
アジフライと、刺身のランチ定食。

こちらは、店名は失念しましたが、富津市のお店です。

JR竹岡駅から近いです。

来月は、有給組み合わせて、10連休があるので、房総の海の幸を堪能してきますかね。

CIMG7580
 
こちら、超有名店にも、まだ行けてないですし。休み多すぎ。 

栃木県矢板市 川崎城跡4

IMG_0429

川崎城跡です。

川崎城跡は、やはり、車でないといけないと思われます。矢板駅から、もしかしたら、何かしらの交通手段はあるかもしれません。

CIMG0011

駐車場が完備されており、駐車場わきの急な階段を登っていくと、大きな空堀が現れます。

CIMG0012
 
CIMG0014
 
郭跡です。

CIMG0016
 
腰郭、あるいは、横堀だったものが、埋まってしまったのでしょうか?

右手側の城壁は、急傾斜で、高いです。主郭の塁壁です。

CIMG0019
 
一の堀跡です。

CIMG0023
 
反対側。

CIMG0025
 
CIMG0026

二の郭内部の様子。

CIMG0028
 
CIMG0029
 
主郭内部の様子です。かなり、広い郭で、多数の兵力を収容できそうです。

CIMG0030
 
CIMG0035
 
川崎城跡のみどころは、この深い空堀です。何度も言いますが、栃木県の城跡は、本当に空堀が見応えがあります。

CIMG0047
 
CIMG0038
 
三の郭跡です。

CIMG0048
 
三の郭から、急階段を下りた先に、空堀があり、さらにその先にも遺構があるようなのですが、今回は、踏査しておりません。

なにしろ、この日は、朝から、5つの城跡を攻めていますので、疲れてしまったというのが、本当のところです。

以上、栃木遠征2日目最後の川崎城跡でした。 

栃木県大田原市 大田原城跡3

CIMG9973

大田原城跡です。

大田原城跡は、龍城公園として整備されています。

CIMG9975
 
ここもまた、巨大な堀切です。

CIMG9976
 
土塁です。

大田原城は、大田原氏一万二千石の居城として、江戸時代も存続しました。

大田原家は、城主格だったはずです。

三万石未満は、城主として認められないのが原則ですが、例外もあります。苗木藩、佐伯藩、府内藩など、けっこういます。

CIMG9987

矢倉台でしょうか。

CIMG0009

 CIMG0005

見事な横堀が現れました。

三万石未満の大名もいますが、岩国藩や、大聖寺藩のように、五万石以上を領しながら、城主として、認められていない大名もいました。

大田原城、正直、公園化の際にいじられ過ぎていて、あんまり見応えに乏しい感じです。CIMG9979
 
この堀切は、見事なんですがねえ~ 

栃木県大田原市 白旗城跡4

CIMG9918

白旗城跡です。

ここも、車じゃないと行けないと思います。 

CIMG9919

小さな城跡石碑。

CIMG9921

 最初の画像の石段を登っていくと、いきなりの横堀が現れます。

CIMG9926
 
土塁です。

CIMG9931
 
 CIMG9930

この城跡も、堀の規模が素晴らしい!深くて、幅も広いです。

CIMG9938

大堀切が現れました!すごいです。

CIMG9941

しっかりと、郭と郭を断ち切っています。深さは、10mくらいあるんじゃないでしょうか。

CIMG9948

CIMG9949

郭(二郭)の内部は、凄まじいヤブでした。

CIMG9951
 
二郭内部には、規模の小さな堀があります。

CIMG9955
 
CIMG9956
 
二郭~主郭の堀切。ここも、深い堀切です。

CIMG9960
 
主郭内部の様子。神社があります。

CIMG9964

主郭の先にある堀切の名残。ここは、切り方が甘いですね。後世に改変されていると思われます。

CIMG9965

 堀底道?ここを降りていくと、城跡外に出ることができ、道がついてました。

道の外には、案内板もあったように記憶しています。

白旗城跡、黒羽城を築く前の大関氏の居城ということですが、黒羽城が築かれた後も、その支城として、機能していたものと思われます。 

栃木県大田原市 岩谷要害跡4

黒羽城跡を後にして、岩谷要害跡へ向かいます。

ここは、車じゃないといけません。岩谷観音が目印になります。

この岩谷観音へと、上がっていく道が細くて、運転に自信がない自分は、けっこう怖かったです。 気を付けてください。
 
登りきると、お寺があり、少しスペースがあるので、そこに車を置いて、先に進みました。

CIMG9881

 お寺の脇のお地蔵様が座っている脇あたりから、山林を登っていきます。

ほどなく、堀切が見えてきます。

CIMG9886
 
堀切から、さらに登っていくと、横堀が見えてきます。

CIMG9887
 
これは、虎口かな。

 CIMG9889

CIMG9890

CIMG9893

この横堀は、郭の周囲を取り囲むように、ずっと続いています。

ところどころ、やや、藪がありますが、全く問題ないレベルです。

CIMG9910

竪堀も確認できます。

CIMG9913

CIMG9915
 
横堀と、二重土塁。本当に見事でした。

岩谷要害、郭内部は、藪になっていますが、堀底は、しっかり歩けて、見応えのある城跡でした。 
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ