マリンブルーの城攻めと食べ歩きの日記

城跡巡りと、食べ歩きの日記。

主に、茨城県や千葉県を中心に、全国の土の城跡を中心に、城攻めをしています。

訪れた城跡や、各地の風景など、綴っていきます。

また、全国各地のグルメもレポートしていきます。

群馬県桐生市 梅原館跡3

桐生城跡柄杓山から下山後、城山入口バス停まで歩くも、着いた時には、バスは発車した直後・・・。

バス停付近の飲食店は休業。

歩くしかない!と、3つ先のバス停まで歩き、そこにあった飲食店に入り腹ごしらえ。

さらに近くにある梅原館跡へ。

IMG_20200310_733

こちらは、もし時間に余裕があったら寄ろうかなと、チェックしていた城跡です。

IMG_20200310_5771

神社の境内に、土塁が残されています。

IMG_20200310_10493

土塁。

IMG_20200310_11595

土塁の外には空堀が。

IMG_20200310_8657

土塁上から見たところ。

IMG_20200310_9196

IMG_20200310_374

堀跡と土塁。

あまり期待していなかった城跡ですが、意外によく、空堀と土塁が残されていて、楽しめました。

県道のほうに出ると、バス停がすぐ、ちょうどバスも来たので、桐生駅に戻りました。



群馬県桐生市 桐生城跡4

群馬県桐生市の桐生城跡は、柄杓山城跡とも呼ばれ、ハイキングコースが整備されています。

CIMG0923

JR桐生駅からおりひめバス梅田線居館停留所下車、徒歩数分で日枝神社脇の登り口へ。

CIMG0925

登城し始めてすぐに、竪堀と思える溝が。

CIMG0926

竪堀。

CIMG0929

ここも竪堀でしょうか。

CIMG0930

堀切と土橋。

CIMG0937

主郭につきました。腰郭、あるいは横堀状の部分です。

CIMG0935

この横堀状が、竪に落ちて、下にも横堀があるように見えます。

ここまで到達するのに、へとへとになってしなったために、こちらには降りていません。

CIMG0940

主郭の虎口?石積みを用いているようにも見えます。

CIMG0941

主郭背後の大堀切。

CIMG0943

堀切からの竪堀。

CIMG0945

竪堀。

CIMG0948

堀切。

軽いハイキング程度のつもりで、なめてかかっていたために、ここまでで体力を使い果たしてしまい、丁寧に見れていませんので、おもな見どころだけ掲載しています。

CIMG0958

さらに堀切。

CIMG0959

どこまでも続く竪堀。


CIMG0962

下山してきました。こちらはおりひめバスのバス停でいうと、城山入口バス停側からの登山口になります。

ここからバス停までの林道わきに駐車場がありました。

登山が思いのほかきつく、体力を使い果たしてしまい、おもだったところしか見ていませんし、郭上にも上がっていません。

再度の訪問を期したいと思います。

日帰りリハビリ旅行 第二弾

先日、良く晴れた風の強い日に、埼玉県北部方面に行ってきました。

20200320_111632

籠原駅から歩いて、別府城跡。

20200320_132047

熊谷駅からバスで、中条氏館跡。

IMG_20200320_56188

大宮駅から、ニューシャトルに乗り換えて、伊奈氏館跡。

昼食は、熊谷駅で。

20200320_123022

いつもの中華食堂。

20200320_123024

とんこつラーメン。

20200320_123027

20200320_123239

半チャーハンと、あとから来たギョーザ。ほかの店は、5個のところは多いのですが、日高屋は6個です。

20200320_123205

豚骨ラーメンは、トッピングの白ネギと、卓上のラー油をかけて、ピリ辛ねぎとんこつラーメンの完成。

日高屋、安くて、そこそこ美味しいので、見つけると、つい立ち寄ってしまいます。

この翌日、また、38℃の発熱。すぐ下がりましたけど。

もはや、耳鳴りが絶え間なく続き、常に乗り物酔いのような状態。

明日は、信頼しているかかりつけ医の検診日なので、相談してこようと思います。

IMG_20200320_51517

城跡の傍らに咲く、可憐なショカツサイの花。

三国志の軍師諸葛孔明が広めたため、この名がついたといわれています。
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ